児島神社HPへようこそ

 

日本の歴史と中国の歴史の架け橋

日本の歴史は中国の歴史から、続いている、 中国の歴史は日本の歴史なくしては、なかった、事になる、夏后と神々祭祀
中国の民族の原点は、夏后と神々から、始まって、今も民族は続いている、
 日本民族も、今から二千百年前に、ビン民十万人が船に乗り、九州へ、着いた。
ここで、九州が始まり、竹枝島と、よんだ。
 夏后は、ほんとうに、日本に、移ったのか、それは、日本と中国の歴史、魏志倭人伝、倭人条、に、国交が行われていたのも、漢の武帝時、紀元前、今から二千百年前に、ビン民十万人が、居なくなったと、記録している。

               

児島宮資料室でございます、

 

ご案内

受付案内   インフォーメション

 

「こじまぐう見出し 

児島宮へどうぞ、  おいりやす

東寺長者道乗妃家中条義勝房法橋
 
越人城邑を築き新里と曰う
 
もののけ、のっぺらぼう、いんちき、詐欺、これらは邪悪という
 
ご案内 受付案内 めにゅう
 
児島宮ホーム資料室
 
こじまぐうの、先祖
 
児島宮の歴史
 
神様とは、なんなのですか、今の神社の神様とは、ずいぶん、違う、のかも 
児島宮の墓所 京都柴野大徳寺、塔頭 高東院は、南北朝時代に一休和尚と、児島高徳公によって、造られた
高東院内には、二条関白家、近衛中将助安の男 佐久間甚九郎朝次 佐久間甚九郎信晴 佐久間甚九郎信盛 甚九郎信栄墓がある
三淵家墓細川祖 朽木家墓もお参りした。甚九郎信栄没時殉死された方々の列 出雲の阿国の墓もある。
    
2015/7/26(日)                                                               右の昔の墓石 と違うように見えるが どっしりしてない                   佐久間不干斎          
 
 
不干斎 巴鼻庵(ふかんさい はびあん)『妙貞問答』佐久間不干斎 は楽市楽座を滋賀で行った事が知られる。不干斎巴鼻庵(ふかんさいはびあん)の母ジョアンナは北政所(おね)の侍女となった。始めは大徳寺の禅僧で、恵俊または恵春と称したとされる。 僧名を恵俊(恵春)と伝えられ京都臨済宗大徳寺に入る。 天草のコレジオで日本語を教える1608年(慶長13年)、ハビアンは京において突如キリシタン修道女清原イトと駆け落ちしイエズス会を脱会するとそのまま九州の博多や天草にまで、ついにはキリスト教を棄教してしまったのである。


 

 児島宮総合トップページ 

いしずえとは 物事の土台。物事の基礎となる大切なもの。また、その人。「建国の―となる」 日本とは建国の―となるウガヤフキアエズ尊王
ちょっと難しい文言を目にしました。 「未来の礎になるべき・・・」 ちょっと気になったので調べてみました。構成する六角形 調べでは残念ながら、平成26年、男性の5人に1人は生涯未婚で人生を終える人が現実となっています。
人間の生命活動の源となる ...  基礎とは何かを考えよう。 
残念ながら、今の日本は、日本ではありません。いしずえが、違うのです。国会政治憲法も、いしずえ、では、ありません。だから、日本のと、しているが、日本のは、使っては、嘘になっています、いしずえのが、今は政治憲法に変わっているからです。
天皇皇室とか、いっているが、天皇皇室としているだけで、いしずえが、違うのです、変わっている。
十六葉菊紋や日の丸国旗なども、日本のとしていますが、違う、変わっている? していないのに、そうであるかの、ように、見せかけている。これでは、いしずえ、ではありませんね。
間違っては、いませんか? 何もかもが、変わっている。

 

問い合わせ先 福岡県朝倉郡筑前町篠隈536

TEL: 0946-42-2055

児島宮ホームページ 

 豊葦原国譲りから邪馬台国夜須へ 邪馬台国夜須へ質問します 古代史辞典 日本の基本とは、はじまりの事

 

inserted by FC2 system