武夷神


                       

                                                                                 
 
 
 
                                

                                                                                                  

                                                                                                                                  

                         児島宮資料室

 

 

児島宮鳥居くぐる

いり口はこちら門へどうぞ
非の打ち所がない(ひのうちどころがない)非難すべきところがない。完全である

 

          児島宮鳥居          児島宮寛永二年の神殿朱塗       児島宮祖の後鳥羽上皇城南宮承久変絵馬

 

華夏てんのう関連施設。 13世紀から、すなわち華夏天皇が軸部や扉を朱塗とする。夜須篠隈の児島宮には、てんのう華夏関連施設であり、朱塗になっている。てんのう以外神社は、素木仕上げである。見間違えてはならない、朱塗の社は、夏王朝から、はじまっていたとある。天皇であっても、華夏天皇以外の天皇は、許されて、いなかった。それは十六葉菊紋は宮廷と同じ標となっていた。神社様式は、華夏天皇が軸部や扉を朱塗、十六葉菊紋とする。明治以前は、みだりに、華夏てんのう標を使用すると、罰せられた。

中へおいりください、門は、うち、と、そとの、区分があります。そとは、今のあなたです。

東寺長者道乗妃家 中条義勝房法橋

                                   

 

 

 

 

                                                              

                               本のお申し込みあんない 0946-42-2055 

 

 

 

 

資料室へ入口 

メニュー 

ブログ 

児島宮受付案内

ご案内 
児島宮へようこそ 

総合トップ> トップ 児島神社

児島宮幕末期の先祖


かみさまとは、

 てんのお境内 ちくしの日向の橘の小戸の大木 降臨地

 間違っては、いませんか? 何もかもが、変わっている。

神文字、越文字、ケルトの、おがむ文字とは、紀元前六百年前のケルト人

ケルトと、わらべ、美








この文章は児島神の力により、未開の内容となっているこの文章は、児島宮歴研会著作製作によるものです。掲載情報の著作権は提供元等に帰属し、記事の無断転用を禁じます。

 

児島宮宛てメール  おたずねの時はこちらへ    掲示板はちら

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system